口内炎 原因 症状 治し方 

口内炎の原因と症状、治し方について

 皆さんは、一度は口内炎になったことがあるでしょう。
 ほとんどの人は、一度だけではなく、何度もというのが実情ではないでしょうか。
 口内炎は痛いのは勿論ですが、気分が憂鬱になったり食欲がなくなったりといろいろな症状が現れるものです。

 

スポンサーリンク

 

 このサイトでは、口内炎に関する様々な症状やその原因、対処方法や予防方法などについて分かりやすくご紹介していきます。

 

口内炎とは?

 口の中に丸くて白いものができ、その周りに赤い炎症が生じて痛くなるものを口内炎と呼んでいます。
 食事や歯磨きなどで患部が直接刺激を受けるといっそう強く痛むようになります。

 

口内炎の原因は?

 口内炎は、口の中の傷や栄養不良、精神的ストレスなどによって発症するとされています。

口の中の傷

 歯で噛んだりして口の中の粘膜に傷がついて炎症を起こすことで発症します。

 

栄養不良

 偏った食生活やバランスの悪い食事などでの栄養不良、特にビタミンB群が不足することで発症します。

 

口内炎の症状は?

 口内炎の症状は、主に3種類に分けられます。

潰瘍性口内炎

 潰瘍性口内炎は、最も一般的な口内炎で痛みが強くなり、話すやことや食事をすることも苦痛になります。
 びらん性 : 表面が赤くただれたようになります
 偽膜性 : 表面が白い膜状になっています
 アフタ性 : 白くて、窪んだようになります

 

カタル性口内炎

 カタル性口内炎は、症状は比較的軽度なものです。
 あまり強い痛みは感じませんが、粘膜が赤く腫れて、口の中に赤い斑点が生じるようになります。
 唾液が少なくなったり水分不足等で細菌が繁殖しやすくなると発症するようになります。

 

壊疽性口内炎

 壊疽性口内炎は、最も重症な口内炎で、口の中の組織が壊疽を起こして腐敗してしまいます。
 極度の栄養失調状態で細菌感染によって発症します。
 アフリカなどの発展途上国での発症例がほとんどで、日本国内では極めて稀な症状です。

 

スポンサーリンク

 

口内炎の対処方法は?

 口内炎は、日頃の生活で気を使うことで防ぐことができるものが多いので、予防方法としても意識したいところです。

 

生活習慣を見直しましょう

 ストレスや疲労が溜まらないように、栄養バランスの良い食事と充分な睡眠を摂ることで自然と口内炎も解消されます。
 栄養補給にはサプリメントなどを利用して、ビタミンB群やビタミンCなどを多めに摂取するのもいいでしょう。
 また、お酒やタバコはできるだけ控えたいところですね。

 

口の中をきれいにしましょう

 口の中には、たくさんの細菌が常在菌として棲息しています。
 食後の歯磨きをきちんとすることで、これらの細菌の増殖を抑えることができます。

 

 歯磨きは口内炎の予防や解消になるだけでなく、虫歯等の歯の疾患防止や口臭予防にもなるので、しっかり行いたいものです。
 ただ、口内炎が痛むと歯磨きも難しくなることもあるため、口内炎近辺の歯磨きは無理に行わなずマウスウオッシュ等でうがいをするだけでもいいでしょう。

 

 次はこちらの記事です。
 口内炎の意味や原因、できる場所とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。